ウォーターサーバー人気ランキング

ウォーターサーバー人気ランキング

ウォーターサーバーは一家に一台設置しておくと非常に便利です。たとえば、いつでも新鮮な冷水・温水を利用してお茶やコーヒーを飲むことができたり、赤ちゃんのミルク、料理に利用できます。

 

また、昨今では2011年の震災の影響により、放射能汚染による水質の安全性が問題となっております。そこで、水道水ではなくウォーターサーバーであれば、品質が保たれた天然水が常時飲むことができ、災害時にも利用できることから需要が高まっています。

 

当サイトでは、人気のウォーターサーバーをランキング形式にして紹介しています。これかたウォーターサーバーの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

 

フレシャス

 

アルピナウォーター

 

コスモウォーター

 

クリクラ

 

アクアクララ

 

ウォーターサーバーとは

 

都会でのマンションが増えるにつれて、水道水の水質の問題が急浮上してきた1980年代。「都会の水はまずい」「カルキ臭い」「不衛生」と水道水を飲料水とせず、スーパーでミネラルウォーターを買う人が徐々に増えてきました。

 

当時は、ほとんどが輸入に頼っていた時代です。「エビアン」や「ボルヴィック」など海外の銘柄がほとんどでした。しかし、特にヨーロッパの水は「硬水」で、日本人の好む「軟水」とは、口当たりが全く違うものでした。そして、ミネラル成分が多すぎて「お腹をこわす」人が多くいたようです。

 

そこで、国内にも優れた銘水があることに各メーカーが着目。国内産の天然ミネラル水が多く販売され、箱買いする人も増えますが、その重さに家に運び込むのも一苦労。そこで登場したのが「宅配ウォーターサーバー」です。

 

ウォーターサーバーとは、蛇口をひねればすぐに冷水、温水が出てくるという手軽な給水器のようなものです。

 

また、まだ記憶に新しい東日本大震災とそれに続く福島の原発事故。店頭からは水のペットボトルが姿を消し、水を求めて長蛇の列が現れました。これほど人々に水の大切さを思い知らされた出来事はないでしょう。

 

今までは、宅配ウォーターサーバーというと、会社や現場などがメインで、あまり家庭ではお目にかかることはありませんでした。それが震災以降、水の安全性と災害時の臨時確保を目的として、いっきに個人のニーズに変わっていきました。

 

個人ニーズに合わせて、各社さまざまな工夫とコストダウンに挑戦し、電力50%カットのサーバーを開発したり、より安全に飲めるように、最後まで空気に触れさせず雑菌を増やさないクリーンボトルや、飲み終わったらそのまま潰してリサイクルに出せるエコボトルなど企業努力を続けています。

 

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

 

メリットとしては、コストパフォーマンスがいいということです。ほとんどの宅水業者のサーバーレンタル料は無料となっている上、市販されているペットボトルと比べるとその安さは格別です。重い水を運び込む苦労もありません。

 

電気代は、通常月に1,000円ほどかかりますが、温水の場合、常に電気ポットの電源を入れている状態を考えると節約になりますし、お水からお湯を沸かすより、ガス代も抑えられます。また、外気に直接触れることのない設計で、衛生面でも安心です。飲み水だけでなく、お料理にも幅広く使え、ミネラル成分が味を引き立たせてくれます。

 

また、災害時の備蓄用水としても、役立ちます。一般的にボトル1本が12Lなので、3本常備しておけば、家族4人が3日間、水道が止まっても水に困ることはありませんね。

 

さて、デメリットの面です。こうしたウォーターサーバーを設置する場所として一番多いのがキッチンでしょう。でもキッチンには冷蔵庫や電子レンジ、食洗機など電化製品が集中するところ。家の中でも「狭い」渋滞スペースなはずです。

 

ウォーターサーバーは、冷却装置を備えているので、冷蔵庫のように背面、両サイドともに空間を必要とします。これは結構きつい!据置タイプを選ぶ場合このスペースをいかに確保するかがネックです。また、卓上タイプもテーブルの端っこにおいておくのは危険です。テーブルの横を通る時につい接触して、倒してしまうということも。

 

ファミリーでしたら問題はないのですが、一人暮らしで、普段あまり家にいないという人は、使い切れないというデメリットもあります。ウォーターサーバーのメリット・デメリットを考慮した上で、ライフスタイルに合わせて賢く選びましょう。

 

>>ウォーターサーバー人気ランキングへ